(SOLD)三島徳利

李朝の三島徳利です。締まりある口の形状と、ふくらみの豊かな形状が魅力です。

肩に二重の線を引き、縦縞文を白象嵌しております。その下の胴部に、同じく白象嵌で縄簾が施されていますが、全体を埋めず、ところどころ忘れたように抜けております。このゆるさもまた、李朝陶磁の特性と言った所でしょう。

肌のツヤは潤いを見せており、まだまだこれから育つ徳利でしょう。ぜひ育ててあげてみてください。

油臭はありませんがやや土の匂いが残ります。やがて消えるものと思います。高台脇にわずかにカセが見られますが、さほど気にならないものと思います。「高麗徳利」と書かれた古い桐箱が伴っており、明治ごろに日本に持ち込まれた発掘伝世品と考えられます。どことなく愛嬌を持った三島徳利ですので、頃合いの酒器をお探しの方に、ぜひおすすめしたい一本です。

状態は、口縁の裏に小さなソゲの金直しが一か所あるくらいで、良好な部類です。付属品とコンディションについては、ブログページにて補足いたします。そちらもあわせてご参照ください。

ご売約となりました。誠にありがとうございました。

商品に関するお問い合わせは、お電話またはお問い合わせより御連絡ください。

商品に関するお問い合わせは、
お電話またはお問い合わせより御連絡ください。