(SOLD)光琳蒔絵 春日盆


つくづく愛らしい春日盆です。春日末社の供物の盆ですが、こんなに小さく雅な、しかも光琳蒔絵の春日盆は、初めて見ました。

花に鉄と螺鈿を貼り、茎は平蒔絵、葉は高く盛り上げられている。まさに琳派。素晴らしい琳派の芸が、コンパクトに収まっている。絵画的な美と、工芸の美が共演しており、古都ならではの粋と申せます。葉の部分にやや剥落が見られますが、コンディションは良好。大切に伝世されてきた、珍なる御品です。

江戸期の時代桐箱の蓋に以下の通りの墨書き。「丙 弐百弐拾八番 木地光琳蒔絵小臺 中山本家」

ご売約まことにありがとうございました。

商品に関するお問い合わせは、お電話またはお問い合わせより御連絡ください。

商品に関するお問い合わせは、
お電話またはお問い合わせより御連絡ください。