(SOLD)古備前 鳶口双耳壺

室町時代の古備前鳶口壺です。中世ならではの力強さと、桃山時代寸前の端正さを併せ持つ、見どころある壺です。

茶褐色の自然釉がたっぷり掛かり、まるで片身替わりのような釉景色を成し、素肌の赤い焼色がほのかに変化を加えます。自然釉の不純物が砂状に固形化して、ざらざらと荒々しい趣があり、轆轤目の凹凸や、きりっとした鳶口の造形とあいまって、雄渾な佇まいを感じさせる。

双耳がデザイン的にも効いています。この耳の形はいわゆる遠山耳と呼ばれるもので、これが下手になると団子耳に変じます。いかにも室町古備前らしさのある耳で、桃山時代の耳は個人的に少し弱弱しい気がします。コンディションは実に良好でカケや補修なども見られず、直接水を入れて問題ございません。サイズも使いやすく重宝することでしょう。

お知らせページにさらに詳細を追記いたします。そちらも併せてご覧くださいませ。(SOLD)ご売約となりました。誠にありがとうございました。

商品に関するお問い合わせは、お電話またはお問い合わせより御連絡ください。

商品に関するお問い合わせは、
お電話またはお問い合わせより御連絡ください。