安南青花香合


小さな愛らしい安南染付香合です。
天に円状の瓔珞文を配し、中心に元気な菊花が一輪咲き誇る。側面には明初磁器のような花唐草文が、活き活きとした筆致でめぐらされています。

通例の香合より一回り以上小さいコロンとしたサイズ感がうれしい。「小さきものはみな美し」という言葉が浮かびます。こんなに小さいながらも絵付けや造形に妥協がなく上手の作行きがすばらしい佳品です。身の合わせ口に目立たぬ短いニュウが一本ありますがほとんど無傷に近い感覚です。

作りのよい桐箱に、縮緬の上質な仕覆が伴います。蓋の箱書きには「明初期香合」、側面の貼紙には「安南染付香合」と書かれています。きちんとした御道具として大切にされていたのでしょう。

商品に関するお問い合わせは、お電話またはお問い合わせより御連絡ください。

商品に関するお問い合わせは、
お電話またはお問い合わせより御連絡ください。