御本刷毛目茶碗


美しい釉調の御本刷毛目茶碗です。茶碗全体にうっすらと白泥を塗り、わずかに掛け残した部分がグレーの斜線になっており、上品で独特な景色を成しております。茶人の注文を受けて17世紀前半頃に釜山窯で焼成された作品ですが、注文茶碗に見られがちな堅さがなく、実に素朴でおおらかな碗相、大ぶりな鉢高台、侘びた枇杷色の釉調、変化に富んだ見込みの奥深い景色などが、とても個性的で面白く、愛蔵にふさわしい御本と思います。

江戸期の桐箱や、品格ある古裂の仕覆が伴いますが、茶人の箱書きがないのが不思議なほどです。しかしだからこそ、私の手元に来てくれたのだと思います。箱書きではなく、品物自体の魅力を愛でることを大切にしてくれる方に、ぜひともお渡ししたい茶碗です。

次第の様相はお知らせのページにて補足いたしますので、そちらもあわせてご覧ください。

商品に関するお問い合わせは、お電話またはお問い合わせより御連絡ください。

商品に関するお問い合わせは、
お電話またはお問い合わせより御連絡ください。