槍梅蒔絵中次

梨地の上に、埋め尽くさんばかりの槍梅蒔絵は光琳風で、大胆かつ面白い中次です。ところどころ銀や金箔による梅花を配して奥行きを持たせているのも好ましい工夫です。

江戸期のとろとろの桐箱が伴い、蓋裏に「君ならで 誰にか見せむ梅の花 色をもかをも知る人ぞしる」と紀友則の歌が記されます。あなただけがこの梅の花の色や香りを知るのだ、という歌がいかにもふさわしいような作品です。

商品に関するお問い合わせは、お電話またはお問い合わせより御連絡ください。

商品に関するお問い合わせは、
お電話またはお問い合わせより御連絡ください。