白磁耳盃

李朝の耳盃です。味わいのある、稚拙なギザギザの耳が愛らしく、黄味がかった白釉は、上質な艶やかさを保ちます。無傷の耳盃は、大変めずらしいものです。

透明層の奥に、貫入とは別の、白化粧のヨレのような短い筋が全体に見られ、そのため、粉引と呼ぶべきものかとも考えましたが、わかりやすく厚みのある肌ではなく、また均一な釉調のため断定できず、名称を白磁としました。高台畳付には四か所、小さな耐火土目痕があり、務安手に近い印象ですが、金海系の可能性も捨てきれません。いずれにせよ、李朝前期の耳盃で確かなものです。

しっかり焼成されており、簡単には育たないかもしれませんが、そういう盃ほど、育った時の美しさは優れるようです。祭器として生まれた耳盃ながらも、厳かさは微塵もなく、李朝ならではの愛らしさは、昔から酒徒に好まれるものです。座辺にて、気兼ねなく、酒を注いであげたい盃です。

商品に関するお問い合わせは、お電話またはお問い合わせより御連絡ください。

商品に関するお問い合わせは、
お電話またはお問い合わせより御連絡ください。