青手芍薬図鉦鉢 松山窯


再興九谷松山窯の芍薬図鉦鉢です。
松山窯は、嘉永元年に大聖寺藩によって吉田屋窯の青手九谷を継承すべく開窯されました。粟屋源右衛門をはじめ優れた画工らによる青手四彩を用いた絵画的な絵付を身上としております。

青手九谷といえば、何といっても吉田屋窯が名声高く、比べて松山窯は全国的に高い評価を与えられているやきものとは言えません。事実、緊張感に欠いた絵付の凡作も見られ、吉田屋窯の芸術的価値には及ばないとするのが、已む無き所という気がします。

しかし、無論すべてがそうという訳でもなく、当出品の鉦鉢は焼成および発色にも優れ、絵付も吉田屋窯を彷彿とさせるような一種緊張感がみなぎり、見ごたえある優品と言って差支えないものと思います。見込みの芍薬は生命力がみなぎるように咲いて、立ち上がりの唐草文や如意頭形の区画にも、画工の一生懸命な仕事ぶりを感じさせます。裏面はラフな雲文で埋め尽くされ、高台中央には角福が堂々としております。見込みにざらついたフリモノが飛んでいますが、吉田屋窯の図録所載作品にもこうしたフリモノはしばしば見られ、作品の本質的な美にはさほど影響しないのでは、と個人的に感じています。

美術館に貸し出され、出展された過去があるようで、その時の「松山窯 青手芍薬図鉦鉢 江戸末期 個人蔵」と書いた札が付属します。いつ、どこの美術館によるものか調べ切れませんでしたが、昭和時代に北陸のどこかの美術館、または資料館で開催されたものであろうと思います(フォントや配置などから、お分かりになる方もいらっしゃるかもしれませんね)。幕末に花開いた青手九谷の美のひとつの好例といえる、鑑賞に値する鉦鉢です。無傷完品。

商品に関するお問い合わせは、お電話またはお問い合わせより御連絡ください。

商品に関するお問い合わせは、
お電話またはお問い合わせより御連絡ください。