初源伊万里ぐい呑

半陶半磁の胎土に唐津同様の釉薬を施した作品。唐津と初期伊万里が同じ窯で焼成された過渡期の作品と考えて良いでしょう。おしなべて小ぶりな盃ばかりの初期伊万里には見られない、大ぶりのサイズ感はまさに「ぐい呑」といった風情で左党好み。サイズ感といい形状といい、古唐津さながらで、凛然としていて力強い。そして初源伊万里と呼ばれる作品はほぼ発掘ばかりですが、こちらは伝世品ならではの肌のうるおい、古格ある佇まいが日本酒をいざなう。割れて銀漆の共継ぎをしておりますが、それを補って余りある魅力を持つ、稀有な酒盃として推奨する作品です。

商品に関するお問い合わせは、お電話またはお問い合わせより御連絡ください。

商品に関するお問い合わせは、
お電話またはお問い合わせより御連絡ください。